国内の移動にLCCを使うメリットとデメリット

国内の旅行や外出などで航空機を利用している方も多いと思います。料金がネックですが、格安なLCCを使えば費用を気にせず済むでしょう。ただし、LCCはメリットとデメリットがそれぞれありますので、人によって好みが分かれることに注意が必要です。

格安な料金で飛行機に乗れる

LCCの大きなメリットが料金でしょう。
一般的な航空会社の航空券と比べ、数分の1程度の料金で済む場合もあります。
特に国内の旅行は旅費がネックになりますが、LCCを使えば旅費を大きく節約できるでしょう。
浮いたお金をお土産代や宿泊費などに充てられます。

機材が新しく安全性が高い

新しい機材を使っていることもLCCのメリットでしょう。
中古はほとんど使わず、新機材を使っていることから安全性も高いのが特徴です。
新しいほうが耐用年数が長く、かつ保守点検コストを抑えられるため、ほとんどのLCCが新機材を使用しています。

滞在日数制限が無い

JALやANAなどとは異なり、LCCの航空券は片道ごとの運賃で計算されています。
このため滞在日数の設定がなく、スケジュールを柔軟に組めるのがメリットになっています。

サービスに各社ばらつきがある

しかしLCCにはデメリットもあります。
特に大きな欠点が、各種サービスにばらつきがあることでしょう。
LCCのサービスは統一されておらず、会社によって有料・無料のサービスが異なります。
例えばソフトドリンク無料の会社もあれば、全品有料の場合もあります。
利用時は前もって確認が必要でしょう。

マイレージがない

独自のポイントプログラムやマイレージを導入しているLCCはほとんどありません。
ピーチはピーチポイントを導入していますが、それ以外のLCCはマイレージなどが貯まらないことが多いので注意しましょう。
普段からマイレージを貯めている方は、JALやANAなどを使うのが良いでしょう。

欠航時は無保証となる

もし機材故障や天候不良で欠航になった時、LCCは宿泊費や食費を補償してくれないため、全部自己負担となります。
LCCなどは機材を最小限で回しており、故障時は代替機材を確保しにくいことから、こうした欠航には注意しなくてはいけません。

利点・欠点がはっきりしている

LCCは航空券の価格が安く、滞在日数に制限がないなどのメリットがあります。
一方でサービスやマイレージが無いなどの欠点も存在します。利点と欠点がはっきりしているため、料金を重視する方には向いていますが、質やサービスを重視する方には適さないでしょう。

Similar Posts:

    None Found